自由人が書いたブログ

気まぐれ更新です

道の映画、の巻

こんにちは。眼鏡です。

お久しぶりです。

 

あと約1ヶ月ぶりにニューシングル「虹 / シンプル」が発売されますね。

 

虹/シンプル<通常盤>

虹/シンプル<通常盤>

 

 

 毎月金欠状態ですが内臓を売る覚悟で限定盤とACMF盤を買うつもりです。

まぁ、ACMF行かないんですけどね。

 

 

そんなことより書くことがないんでどうしようかなぁと考えていたら、前回のシングルロードムービーの感想でも書こうかなと思ったので、書きます。

 

 

ロードムービー(通常盤)

ロードムービー(通常盤)

 

 

 え、今さら?とか言わないでください。

書くことないんです。

 

 

優くんのアニメタイアップは以前もあったので大歓喜!!!!!とまでは行かなかったのですが、今回は話が違いましたね。

なんと、あの国民的アニメクレヨンしんちゃんの主題歌に起用されました。しかも映画のほう。

 

クレヨンしんちゃんの映画って子供は楽しめる、さらに大人は感動する。というイメージが強く、正直言って優くんの声や歌い方は、しんちゃんの世界観に合うのか…?、なぁんて思ってました。

(好きなアーティストになんてこと言ってんだ!と思われる方もいると思いますが、私は好きだからこそ、嫌なところもある、という思考があるので平気であれは違う、これは違うと言ってしまいます。許してちょんまげ)

 

ところがどっこい。

ラジオで解禁された時は、当時の私の耳に息を吹きかけてやりたい気分になりました。

やはり高橋優、すごかった。

やさしい歌声で、難しい言い換えも少なく子供たちにも受け入れられるのでは?

映画はレンタルで観ようと思っていたのですが、これは劇場で観たいと思いました。

 

 

 

 

 

 

f:id:guitar_yu_love:20170621140025j:plain

 

観に行きました。

 

平日だからなのか周りはカップル3組のみ。

私?私は胸張って1人で行きました。

 

映画では所々に優くんが出て来て、ウォー◯ーを探せの気分で楽しかったです。

そしてエンディング。

映画の内容と曲の歌詞がリンクしてて劇場で泣きそうになりました。

多分これレンタルしてお家で観てたら泣いてました。

 

 

映画鑑賞後に思ったのですが、鑑賞前はいつも通りに「いい曲だなぁ」といった曲の感想だったのが、鑑賞後にはまた違った印象がありました。

なんて言い表したらいいのか難しいところですが、強いて言えば「以前から好きだったものがより好きになった」って感じです。

このシーンの時のキャラの心情はこの歌詞なんだろうかとか、より曲を深く考えることができます。

 

映画観てない人はぜひ観てください。

今より一層「ロードムービー」が好きになります。

 

感想書くとかいってたけどなんか感想じゃない気がしてきたので、やめますね。

では、へばまんつ。

コラボ(後編)の、巻

お久しぶりです。こんにちは、眼鏡です。

一応息はしています。

 

GWも終わってしまい絶望から立ち上がれません。

 

今回は以前の

 

guitar-yu-love.hatenablog.jp

忘れていたいい頃合い(?)なので これ↑の続きを書こうと思います。

 

 

アルバムが発売されてからめちゃくちゃ象を聴きました。

イントロから「高橋優」が駆け抜けていてこりゃもう(私の中で)セルフカヴァー決定だ…

 

そしてアルバム発売から少し経ったある日、なんと。なんとっ!!!!!

ラジオ「大倉くんと高橋くん」放送決定。

戸惑いを隠せません。楽曲提供だけでも満足をしていた私に神はさらなるプレゼントを届けてくれたのです…ありがたや、ありがたや…

 

ラジオ初回放送はお互い憧れの人を目の前にしているのか、微妙な距離感でとっても可愛いかったですね。

しかし今はそんな距離感もなく、優くんがわんこのように大倉くん、大倉くんでとっても可愛いですね。

 

結果可愛い。

正直、以前からファンを公言していた安田くんとラジオをやっていただきたかったのですが、大倉くんとでもあんなにふわふわなラジオになってしまうので、安田くんとだったら余計にふわふわになってしまいそうです。ヘリウムガスで膨らんだ風船並みにふわふわになりそうです。

 

そんなこんなで関ジャニ∞冠番組に優くんが出演したり、Mステなどで共演したりと私のような双方のファンにとっては、オアシスがたくさん配給されていました。

 

永久保存用にダビングが止まりません。

次の野望は、関ジャニ∞クロニクルのいきなりドッジに出て優くんの本性をのぞくことです。

 

では、へばまんつ。

人それぞれだけど、の巻

こんばんは。眼鏡です。

あと少しで「来し方行く末」ツアー、アリーナ編が始まりますね。

私は参戦しませんが楽しみです。

 

ここで、何回か優くんのライブに参戦して思ったことをお話ししたいと思います。

これはあくまで私個人の意見なので、全てのファンがそう思っているわけではないです。気分を害した、というなら申し訳ないです。

 

 

優くんもアーティスト活動が広がり、交友関係も広がっているでしょうし、その交友関係をお披露目したりしています。

なので、私たちファンには「どこの誰が優くんと仲がいいのか」などわかってしまいます。

別にそれはなんてことないのです。むしろ優くんが楽しければそれでいいのです。

 

しかし、優くんと、このアーティストが仲がいいから、そのアーティストのライブグッズなどを優くんのライブ会場に持ってきている方々が最近多く見られます。

どんな考えのもと、持ってきているのかわかりませんが、ちょっと違うんじゃないかなぁと思います。

 

もちろん私にも優くん以外で好きなアーティストはいます。

しかし、いくらそのアーティストが好きでも、他のアーティストの会場でグッズ等を見かけたらいい気はしません。

スキーをしに来てるのに、ビート板を持って来てるのと似たようなものです。

 

優くん本人はどう思っているのかわからないです。「このアーティストのファンが自分のライブに足を運んできてくれた」と喜んでいるかもしれません。

しかし、本人の口からそんな感想が出ていない限り、他のアーティストのグッズ等を持ってくるのは控えてください

 

逆に「公式から注意されてないなら別に持ってっていいじゃん」と思われる方もいると思いますが、これは出演アーティストへの配慮だと思うんです。「あなたのライブを楽しみに来ました」という一種の意思表示のようなものだと私は考えています。

 

こんなことを言い出したらキリがないですが、せめてこれだけは我慢してください。

「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるように、その方の会場に来たらその方の色に染まってください。ほんの2時間くらいです。

 

 

私みたいなクソ眼鏡が生意気な口叩いてすみません。

何度も言いますが、以上のことは私個人の意見です。

 

少しでも理解を得ていただくとありがたいです。

 

では、アリーナ編に参戦予定の優くんのファン、またはそうでない方も楽しんで来てください。

 

へばまんつ

名古屋(後編)、の巻

こんばんは。眼鏡です。

そろそろ春休みに突入するので、毎晩サンバカーニバル状態です。

 

さて今回は先日の「来し方行く末」ツアー名古屋公演の感想、後編を書こうと思います。

 前編はこちら↓

guitar-yu-love.hatenablog.jp

 

曲と曲の繋ぎとしてバンドメンバーの演奏がいくつかあるのですが、最も印象に残っているのが「泣ぐ子はいねが」の曲前に披露されたバンド演奏。

それぞれのソロがあり、とてもかっこよかったのでこれから見に行かれる方は、ぜひメンバーの表情とともに楽しんでください。

 

さぁ。やってきました。優くんのライブでおなじみの「泣ぐ子はいねが」

いつものコール&レスポンスはなく、優くんの「泣ぐ子はいねがー!」という声に盛り上がる会場。

 

ここで言っておきたいのですが、前編でも言ったように私の席は前から2番目の端っこ(赤丸で囲んだところ)右隣には人がいるのですが左には誰もおらず、何もない空間がありました。

f:id:guitar_yu_love:20170317190139p:plain

さぁ、ここで本題に戻りましょう。

この「泣ぐ子はいねが」ライブバージョンの楽しみは、優くんが唯一マイクから離れ、ファンへ近づくこと。

私はサイドの花道に近いところにいましたが、「席は離れてはいかんもん」だと思っていたので、もし優くんが花道に来ても見守っていようと思ってました。

ところがどっこい。

視界の下部分に女性スタッフが忍者のようにサッと登場。「カモン!」というジェスチャーをしたのです。

思いもよらないサプライズに思わず「ウェ!?いいのっ!?」と女性スタッフに問いかけてしまいました。

 

f:id:guitar_yu_love:20170317191932p:plain

なんと、昇格

花道最前になりました。この時点で私の死を覚悟しました。

優くんが。優くんが来る。どこ見よう。どこ見よう。

 

私の本能を殴りたいです。

脚フェチなためももがっつり見ました。いい太もも

くっそー。目が太ももに持っていかれる。帰りの時こそ顔見るぞ。

来た来た。やばい。やばい。あ。

 

眼鏡、粉砕。

がっつり顔を拝みました。

白い肌につたう汗。くりくりおめめに、おっきい瞳。ふわふわヘアに眩しい笑顔。

天使ってこういうことを言うんだなぁと改めて思いました。

残念ながらマイクは向けられなかったですが、私のう◯こボイスを会場に響かせるより、女神ナイスガイの声を響かせた方が明らかにホールにも優しいのでなんとも思っていません。むしろみなさんの声で心が浄化されました。

 

まさか、こんな近くに優くんが現れるなんて思っていなかったので、どこを見ようかと目が忙しかったです。

 

「泣ぐ子はいねが」の後は「BEAUTIFUL」

めちゃくちゃ盛り上がった後にいきなりこれだったのでテンション的に追いつかなかったのですが、空気に流されやすい人間なのですぐに「BEAUTIFUL」のテンションになりました。

ライブ当時は色々あり、とあることに自信をなくしていた時でした。

そのため「BEAUTIFUL」の歌詞を見ながら優くんの歌声を聴いていると涙が溢れて来ました。

やはり、優くんの言葉はすごいですね。改めて実感しました。

 

 

アンコール

白のワイシャツで登場した優くん。まるでどこかの王子。

ファンからの「かっこいいー!」と言う声を一切信じない優くん。

「そういうのはね、本当にかっこいい人には言わないんだよ?似合ってるわけでもないけど、似合ってないわけでもない。でもまぁ私は似合ってると思うよ〜って言う時に言うやつなんだよ?…でもね、嬉しい

 

んんんんんん!?今まで否定し続けた優くんが受け入れた!?

みなさん、私は呼吸をしているでしょうか?

確実に嬉しそうな顔して言いましたよこの人…殺しにきてる…

 

そしてアンコールには日曜日には歌わなかった「BE RIGHT」が披露されました。

久しぶりの「rrrrrrルァッツァッツァツァ!!!」は楽しかったです。めちゃ飛び跳ねました。贅肉がブルンブルン揺れる揺れる。いい運動です。

 

ライブが終わり、優くんとバンメンが一列になって挨拶するところ。

「せーの、わー。せーの、わー。」という腕をあげるタイミング、下げるタイミングを合わせる号令が聞こえ、めっちゃ微笑みました。可愛いが詰まりすぎてる。

 

そして優くんが一人で会場全体に挨拶をするところ。

またサイドの花道に来ましたが、さすがにまた近づいたら他の優くんに近づきたい人に申し訳ないと思い、自分の席で見送りました。

しかし、優くんは近い人にも眩しい笑顔でお手振り。キラキラ光っていてこれであと、100年くらい生きていけます。

 

会場BGMには「明日はきっといい日になる」が流れていました。

そろそろサビ部分。毎回優くんはここを(あああ。帰っちゃう…おぁぁぁ!歌ったーーー!)というフェイントをかけて来るので待っていました。そしたらスゲェ速さでマイクを取りに。その勢いでマイクスタンドがぶっ倒れましたが、ステージ袖からとんでもない速さでスタンドを直しに来るスタッフさん。この会場のスタッフさんはみんな忍者出身なのかな?

ここも注目ポイント(?)なのでこれからいかれる方はぜひ。

 

 

長々と書いて来ましたが、私の趣味丸出しライブ感想は以上です。

まとめる力もなければ、文字におこす力もないので、象形文字並みに読みづらくてすみませんでした。

 

まだ優くんのライブに参戦していない方は、一度だけでもいいので参加してみてください。おすすめです。

 

 

あの日に戻りたい(切実)

では、へばまんつ

 

名古屋(前編)、の巻

こんばんは。

めっっっっっちゃお久しぶりです。

課題が終わるまで更新はしないと決めていたのですが、今回は特別ということで。

 

これを書いている時間から約1時間前。

3月11日、12日と2日連続で行われていた「来し方行く末」ツアー名古屋公演が終わりました。

今回はこの2日間のうちの最終日、12日の感想を書いていこうと思います。

 

私の席は1階席の前から2番目。いざ座ってみると端っこではあるものの、とんでもない近さ。開演前から私は(生きて帰れるのか?)と心配になりました。

 

開演前のステージ上は黒の薄いスクリーンが下がっており、そこに今回のアルバムのジャケ写である霧に包まれ儚く消えていきそうな優くんのシルエットが投影されていました。それだけでも儚い…

 

開演時間、会場が暗くなり私のドキドキが最高潮に達していました。この時点でもう吐きそうでした。

どこかの遺跡のようなステージセットの真ん中から登場してくる優くん。スポットライトを背中から浴び、ここまでカッコよく登場してくるのは優くん、とマイケルジャクソンくらいではないでしょうか。

 

黒地に白のドット柄のワイシャツに、黒のスキニーパンツ。

自慢のデコルテはちゃんと出していながらも、下に白のTシャツも着ており、チラ見えを防いでいました。チッ

 

1曲目から盛り上がり、この後のライブもきっと楽しいものになるだろうと確信できました。

数曲歌い終わった後、どこからかコツコツと足音が聞こえてきました。

そうです。あれです。「拒む君の手を握る」この曲は優くんの強引性、変態性、執着心等あまり表にださ無さそうな一面が見える曲で、私のお気に入りの曲の1つです。

この曲を生で聴けるのも最高なのですが、注目すべきポイントは曲の最後の「愛してる」と呟くとこです。

この部分はイヤホンをして爆音で何回も聴いていたくらい好きなところです。

それを今回はスピーカーの前で、しかも生で聴けるのです。ドキドキ。

 

「愛してる」

 

ッカーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!ありがてぇ…こんな夢見れる言葉言ってくれてありがてぇ…もう今日は私の命日でいいや…

 

と一瞬で思い、思わず口から気持ち悪い声が出そうだったので、下唇を噛み締めていました。ここまで強く噛んだことは人生で1度もないです。

 

そして、「象」

この曲は関ジャニ∞に楽曲提供しており、今回のアルバムでもセルフカヴァーをしている楽曲です。

実は関ジャニ∞版「象」は2回ほど生で聴いておりましたが、いかんせんアイドル。女性が多いのでペンライトを振って盛り上がっていましたが、私的には拳を高々とあげるイメージの1曲でした。(どちらがいい盛り上がりとかではないです。両者とも素晴らしい演出でした。

そして今回、優くん版「象」でその夢を叶えました。私の短い腕を高々と上げて、理想のノリ方ができて大満足です。

 

「光の破片」の時の演出でミラーボールが出てくるのですが、その時私は冷静に(優くんはミラーボールの演出がお気に召したのだろうか…?)なんて考えていました。

武道館の時にも使っていましたよね。優くんの足元で高速回転するミラーボール。パーリナイだったので当時は笑ってしまうところでした。

 

と、まぁ大体半分ほど思ったことをバーーーーーーーと書いていったのですが、案の定長くなりそうです。

まだ以前の前後編に分けたやつも書ききっていないのに、この記事も前後編に分けます。やること先延ばしマンです。だから課題も未だに終えられていません。

 

もう少し私の意味不明な感想におつきあいくださいませませ。

では、へばまんつ。

コラボ(前編)の、巻

こんにちは。

眼鏡です。お久しぶりですね。

 

ただいま、進級できるかどうかの瀬戸際に立っています。やばいです。

 

今回は、優くんを応援してきた中で数多くの嬉しい出来事がありましたが、その中の一つについてお話ししたいと思います。

 

それは関ジャニ∞とのコラボ(?)です。

お察しの方もいると思いますが、私は優くんのファンであると同時に、関ジャニ∞のファンでもあります。つまりeighter。

好きなもの同士がコラボなんてパフェみたいなものです。幸せ以外の何物でもないです。

そんなパフェが提供された時の話です。

 

ある日、日課のTwitterで「高橋優」と検索していました。

そこに、とあるツイートを見つけました。

「最近安田くんがよく聴いているアーティストは高橋優さんって人らしい!」

内容はほとんど覚えていませんでしたが、こんな感じで雑誌の写真と共にツイートされていました。

 

なんということでしょう。この事実を知った瞬間踊り狂いました。

まさか(私が)好きな人が、(私が)好きな人を、(私が好きな人が)好きな人って言っているとは思わないじゃないですか。

 

その後もいろんな雑誌で安田くんは、優くんのファンであることを公言しており、同じメンバーである大倉くんをファンの道へ引きずり込んでしまっている。

 

その頃から私は密かに「楽曲提供でもなんでもいいからどこかで共演してくれ…」と願う日々を送っていました。

 

その願いを短冊に書き続けて数年。

関ジャニ∞7枚目のオリジナルアルバム「関ジャニズム」になんと楽曲提供をするではありませんか。↓これ

 

関ジャニズム (通常盤)

関ジャニズム (通常盤)

 

 

それぞれの公式サイトを見に言ってみると、片方には「関ジャニ∞に楽曲提供」もう片方には「高橋優が楽曲提供」と書いており、5度見くらいしました。

もう何枚スクショを撮ったか数えられません。

 

このアルバムは今まで以上に楽しみに待っていなければならない。

そして鬼リピしなければならない。

 

そう、本能で感じました。

 

 

 

 

と、長くなりそうなので無駄に前編後編に分けようかと思います。

それにしても、全く微妙なところで持ち越しやがって。そう思われる方もいるかと思いますが、どうか命だけはお助けください。

 

では、へばまんつ

武道館、の巻

こんばんは。

眼鏡です。

パソコンが冷たすぎて、指が死んでいます。

 

今回は初めて優くんのライブへ行った時のお話をしようかと思います。

 

初めて行ったライブは2013年、YOU CAN BREAK THE SILENCE IN BUDOKAN

そう、優くんにとっても初めての武道館単独公演の時です。

 

それまで人生で1回もライブには行ったことがなく、優くんのライブツアー情報が出ても「いいなぁ、行きたいけどお金もないしなぁ」と思っていました。

それも当然。当時の私は中学生。アルバイトなんてしてません。

親に出してもらおうかとも思いましたが、

 

  • 家族の中で優くんのファンは私1人だけ。
  • 好きなアーティストに関することは自分のお金で出したい。

 

という考えを持っていたため、コツコツとお金を貯める日々を送っていました。

毎月もらえるお小遣いを貯金箱に入れていました。今考えると「貯金箱」という単語が出てきただけで健気さが倍増して、ドラマ化できるんじゃないでしょうか。

 

そんなこんなでやっとのこと溜まった貯金。

チケット代、新幹線代。

さすがについてきてくれる親の新幹線代までは出せませんでしたが、親の分のチケット代まで出せるくらいまで溜まっていました。

 

意を決して応募した武道館ライブ。運良く当たり浮かれていました。

遠征組に大切な「アレ」をやっていなかったのです…

 

 

そしてライブ当日。

ドキドキしながら地下鉄に乗り武道館へ向かいます。武道館へ行った方ならわかると思いますが、まず出口で焦らされます。

どんだけエスカレーター乗らせんねん。

想像より乗せられます。焦らす、焦らす。ドキドキしている私の心を弄んでいるかのようです。

 

いざ外へ出てみると、

わぁぁぁああ!!……あ?

当時は工事中でした。見えているといえば見えているものの、なんか中途半端な見え方なので、リアクションも中途半端になってしまいました。

 

微妙な始まりになってしまいましたが、そこはライブ。

グッズ列から入場後までドキドキしていました。

 

始まるライブ。

決して近いとはいえない席ではあったものの、視界には邪魔するものもなくステージのど真ん中。初めてにしてはいい席なのでは…と自惚れるほどでした。

 

優くんが登場した瞬間「高橋優は存在した…」と思うほど感動しました。とりあえずモニターに映る優くんのデコルテの美しさを確認し、拝んでおきました。

 

めんどくせぇ

初の武道館でそう叫んだ優くんに感動しっぱなしで涙が出そうでした。しかし「ここで泣いてしまったら歪んだ優くんしか記憶に残らない」と考えた私は、涙を精一杯我慢しました。絶対優くん側から見たらガマガエルがいるんじゃないかと思われてそうです。

 

そして今じゃ恒例の泣ぐ子はいねがの練習。

 

高「こっから(真ん中)左右に分かれて練習しよう!」

私「!?」

 

上の階ではあるものの、ちょうど真ん中の席の私。真っ二つになって両方の練習に加わろうかとも思いましたが、アメーバでもない私には困難なことでした。

2つに別れるのは諦め、母と同じエリアで練習することにしました。

いろんなバージョンの「泣ぐ子はいねが」の練習をする優くん。とっても可愛い。なぜこの可愛い優くんをDVDに入れなかったのかレコード会社に問い合わせをしたいくらいでした。

 

福笑いではサビの部分で噴射された色とりどりの銀テープ。左から右へのグラデーションで息をのむほど美しかったです。

席の関係で取られませんでしたが、上から見る銀テープが落ちていく映像は一生忘れられません。

 

あっという間に2時間ほどが経ち、最後の曲へ。

当時色々あった私が助けられていた「駱駝」を披露。私は嬉しすぎて「やっべ…やっべ…」しか口から出てきませんでした。

しかし少し前の文を思い出してください。そう遠征組に必要不可欠な「アレ」が登場します。

アレ」とは…

 

ホテルの手配です。遠征組は新幹線や高速バスなどでやって来るため、どうしても最後まで居たいという方は必ずと言ってもいいほどホテルの手配をしておくのです。

ここがライブ初心者。ホテルの手配まで考えていなかったため、優くんが歌い始めたと同時に、横からツンツン。

母の(帰るぞ)というサインが出てしまいました。

 

ギリギリまで居ようとしましたが、やはり新幹線の時間は待ってくれない。

母に引きずられるように武道館を後にしました。その時ほど「死にたい」と思ったことはないと思います。

 

 

と、こんな感じで初めてのライブを終えました。

話したいことはもっとたくさんありますが、これ以上話すときっと皆さん疲れて、PCやスマホ画面を割りかねないのでやめておきます。

 

この初めてのライブのことは一生忘れないでしょう。

あの時感じたドキドキも、優くんやファンの皆さんの笑顔など忘れらないです。

嫌なことがあったらこれを思い出して乗り越えられます。

 

では、へばまんんつ